車査定

寂しいですが車を売ろうと思います

ずっと大事にしてきました。でももう必要なくなったのです。今までは会社へ乗って行きましたが、その会社も辞めたのです。今では家から歩いて行けるお店で働いています。だから車に乗る機会がありません。
だから私はこのまま、家に置いておくのがもったいなく思ったのです。まだまだ乗れる車なので、誰かに乗ってもらいたいと思ったのです。そのために売りに出したのです。小さいですが、車を高く売る方法を調べたので思っていたよりも査定金額が良かったのです。そのお金で私は自転車を買いました。

自転車でこれからお店へも行けるし、買い物にだって行けるのです。そのために車は必要なくなったのです。
でもいざなくなったら、とても寂しいのです。あるのが当たり前でした。今までは庭に置いてあったのに、もうありません。庭には車はないのです。
あるべきものがなくなると、とても寂しくなりました。今は中古車販売センターで、売られているのです。そのうち誰かに買ってもらえて、また街中を走ってもらいたいです。
そんな姿を見れる日がきたら、私も嬉しく思うでしょう。でもそのハンドルを握っているのは私ではありません。新しい持ち主なのです。そんな人が早く現れてくれることを、心から願っています。